【S&S】継続車検対応!2,000㏄超えのエンジンに載せ替えて、合法的にツーリングしませんか?(3/3話目)

2019年12月17日商品情報 二輪

継続車検対応!2,000㏄超えのエンジンに載せ替えて、合法的にツーリングしませんか?

誰も成し遂げなかったハーレー合法カスタムの提案 ~開発秘話・陸運局との闘い(3/3話目)~ 全3部作最終話

【祝!国土交通省改公認エンジン載せ替え】 全3部作
「PROJECT ENGINE SWAP T124」
各試験の合格通知を受け取ったからと言って、簡単に公認取得できるわけではない。ここから、陸運局内にある独立行政法人自動車技術総合機構検査部との闘いが始まった。合法的にエンジンの載せ替えをするに当たり、保安基準を満たしている事をわかりやすく文章で証明しなくてはならない。要するに、排気量がノーマル時1,680㏄から載せ替え後2,030㏄になり、排気量・パワー・トルクなど増えても、車両に与える負荷(各パーツの強度)は問題なく満たしていることを書面化しなくては公認取得ができない。何度も陸運局に足を運び、必要書類の確認をするも、書き方・保安基準を満たしていることの証明方法などは教えてはくれない。書類を作成・提出し、書類審査期間約 3 週間と言う驚異的なスピードで、改造自動車審査結果通知書(合格通知)を手に入れた。そこからというのは、スムーズな流れだった。全ての書類とS&S製T124エンジンを載せ替えた実車両を陸運局に持っていき、無事に国土交通省より合法的に公認を頂き、新たな自動車検査証を発行してもらった。
そうして、平成から令和へと元号を跨ぎ、「PROJECT ENGINE SWAP T124」という、新たなカスタムの歴史の幕が開けた。

~完~

 

 

S&S製T124コンプリートエンジン

公認取得後の自動車検査証上の原動機の型式は「P」、排気量は「2.03L」(2,030㏄)となり、車両型式は「EBL-FLHM改」になります。
選べるエンジンカラーは3色から:ブラックエディション / リンクルブラック&クローム / ストーングレー

品番1:310-0836A (ブラックエディション)
品番2:310-0401A (リンクルブラック&クローム)
品番3:310-0512A (ストーングレー)
価格:オープン
適合車種:FLTRXS(ロードグライドスペシャル) / FLHXS(ストリートグライドスペシャル) 15-16 (型式:EBL-FLHM / 原動機の型式:M)

 

S&S製T124(2,030㏄)エンジンに載せ替えて、堂々とツーリングしてみませんか?

プロジェクト全面協力:フォレストウイング
住所:愛知県名古屋市天白区植田西2丁目708
TEL:052-848-6819

 

清水パーキングエリアに車両展示

新東名 清水パーキングエリア(上下線共通)フードコート内に S&Sコンプリートエンジン搭載の車両を展示
期間 2019年12月14日~2020年1月16日