2018.08.27

【AKRAPOVIC】 歴史について(第4話)

工場外観

工場内の様子

工場内のチューブミル (金属パイプの製造装置)

AKRAPOVIC/アクラポヴィッチ

 
◆ 1999年 最新工場に移転

いまや世界最大級のマフラーメーカーとなったアクラポヴィッチ。
その設立から現在に至る足跡をシリーズでご紹介いたします。


【第4話】1999年 最新工場に移転

10年を待たずして、アクラポヴィッチは世界中から注目を集めるマフラーメーカーになりました。それに伴い、生産性や品質等を改善する為、それまでの450平方メートルの工場から、3,000平方メートルの新工場を建造、世界的な需要に対応しました。

新工場には、新たにチューブミル(金属パイプの製造装置)を導入することで、鋼管メーカーからの素材供給に頼ることなく、品質や製造工程の一括管理が可能となり、アクラポヴィッチのクオリティがさらに向上しました。

第5話へ続く…

 

■足跡シリーズINDEX■
第1話】 【第2話】 【第3話】【第4話】 【第5話
第6話】 【第7話】 【第8話】【第9話】 【第10話
第11話】【第12話】【第13話】【第14話】【第15話

 

ページトップ