For Japan Riders

JMCA政府認証マフラー  

JMCA政府認証マフラーとは、「全国二輪車連合会」にて定められた各種騒音値(加速騒音・近接騒音)、排出ガスの濃度(一酸化炭素[CO] / 炭化水素[HC] / 窒素酸化物[Nox] / 非メタン炭化水素[NMHC])の測定試験を各車両型式・マフラー毎におこない、 厳しい規制に対応したマフラーのみ、JMCA政府認証マフラーとして販売する事が可能になります。

年々厳しくなるこれらの規制に対応したマフラーには、政府認証マフラーの証として、JMCAから発行される認証プレートを貼る事が許可され、日本国内における一般公道での使用が可能となります。

アクラポビッチの『高性能・高品質・高音質』のマフラーを日本国内において、ツーリングや住宅街でも「安心・安全・快適」にご使用いただけるように本国アクラポビッチ社と正規輸入販売元である弊社(株式会社プロト)が日々、共同開発をおこなっております。


JMCA政府認証マフラーのラインナップについて

JMCA政府認証マフラーには、車種によりスリップオンラインとレーシングラインの何れかの設定があり、サイレンサーにはチタン、カーボンとステンレスの3種類を設定しております。


スリップオンライン

サイレンサー単体、もしくはリンクパイプが付属されており、純正のエキゾーストパイプに接続させるスリップオンタイプです。

スリップオンラインについては、SUZUKI HAYABUSA用など一部車種を除き、メーカー純正触媒を使用するので排ガス証明書は付属しない商品となります。

サイレンサーの素材は、チタン、カーボンとステンレスの3種類の設定があり、また車種によって様々なサイレンサー形状があります。


レーシングライン

ヘッダーパイプからエンドパイプ、触媒やサイレンサー全てを純正から変更するフルエキゾーストタイプです。

AKRAPOVIC製の触媒を使用するため排ガス証明書が付属します。

サイレンサーの素材は、スリップオンラインと同様に3種類、エキゾーストパイプはステンレスを使用しております。


HONDA

  • CB1000R

  • CRF1000L Africa Twin

  • X-ADV

  • CB650R
  • CBR650R

  • CBR600RR

  • CBR250RR

  • GROM


YAMAHA

  • YZF-R1(南アフリカ仕様)
  • YZF-R1M(南アフリカ仕様)

  • YZF-R1
  • YZF-R1M

  • MT-10
  • MT-10 SP

  • MT-09

  • MT-09 TRACER
  • TRACER900
  • TRACER900 GT

  • XSR900

  • NIKEN

  • TENERE700

  • MT-07

  • XSR700

  • YZF-R6

  • T-MAX 560

  • T-MAX 530 DX
  • T-MAX 530 SX

  • YZF-R3
  • YZF-R25

  • MT-03
  • MT-25


SUZUKI

  • Hayabusa

  • V-STROM1050
  • V-STROM1050 XT

  • KATANA

  • GSX-S1000
  • GSX-S1000F

  • GSX-R1000

  • SV650
  • SV650X


KAWASAKI

  • Ninja_ZX-10R
  • Ninja_ZX-10R SE
  • Ninja_ZX-10RR

  • Z1000

  • Ninja H2 SX
  • Ninja H2 SX SE

  • VERSYS 1000 SE

  • Ninja 1000SX

  • Ninja 1000

  • Z900

  • Z900RS
  • Z900RS CAFE

  • Ninja ZX-6R

  • Ninja 400
  • Ninja 250

  • Z400
  • Z250

  • VERSYS250X

 

プロトツーリング部では、アクラポビッチの紹介をしております。

 

 

 

 

ページトップ