アクラポビッチに関するよくあるご質問について

 

アクラポビッチに関するよくあるご質問は、下記よりご確認ください。

 


 

よくあるご質問

 

Q.JMCA政府認証マフラーを装着していれば法規適合・車検OKなの?

A.

認証適合車両への装着であれば、法規適合・車検対応となります。

車両の純正触媒を使用する(おもにスリップオン)タイプのマフラーであれば、サイレンサーに”JMCAプレート”が打設されていること。

および純正触媒が使用されていることが確認できれば、法規適合・車検適合となります。

触媒を交換する(おもにフルエキゾースト)タイプのマフラーであれば、さらにマフラー購入時に付属の、自動車排出ガス試験結果報告書の提示が必要となります。

Q.JMCA政府認証マフラーを装着しているのだけれど、音量が大きいような気がする...車検はOK?

A.

JMCA政府認証マフラーを認証適合車両に装着した場合であっても、消音バッフルや触媒の除去等、マフラーへの改造を行った場合。

あるいは使用による劣化が激しく、初期の消音性能および排ガス浄化性能が得られない場合には法規不適合となる場合があります。

マフラーに改造を加えないこと、およびオーバーホール等、定期的なメンテナンスをお勧めいたします。

また、ギヤ比やタイヤ外径の変更、車両重量の大幅な変更、乗車定員数の変更等を行った車両はJMCA政府認証の適合外となりますのでご注意ください。

Q.私のバイクは認証適合車ですか?

A.

JMCA政府認証マフラーごとに、認証適合車が登録されています。

同じ呼称のバイクであっても、年式・仕向地により、適合/適合外となる場合があります。

必ず、車両の書類に記載の情報と、マフラー製品情報の適合機種をご確認ください。

また、認証試験は毎月実施されており、適合情報も都度更新されます。

ホームページ、SNS等で随時お知らせしておりますのでご確認ください。

Q.JMCA政府認証マフラーでなくても、Eマーク付きなら車検OKなのでは?

A.

JMCA政府認証マフラー以外のEマーク付き交換用マフラーの法規適合および車検適合につきましては保証いたしかねます。

Q.JMCA政府認証マフラーを購入したのですが、排ガス証明書が付属していません。

A.

認証適合車両への装着であれば、法規適合・車検対応となります。

車両の純正触媒を使用する(おもにスリップオン)タイプのマフラーであれば、自動車排出ガス試験結果報告書は付属しません。(車検場で提示する必要はありません。)

Q.排ガス証明書を紛失してしまいました。

A.

お持ちのマフラーのJMCAプレートが確認できましたら、有料にて再発行が可能です。

Q.車両メーカー純正ラインナップのアクラポビッチマフラーのリペアパーツは購入できますか?

A.

申し訳ございません。車両メーカー純正ラインナップについては、本国アクラポビッチ社と車両メーカー間のみの販路となっております。

また、弊社はアフター市場のアクラポビッチ正規輸入販売元となりますので、車両メーカー純正ラインナップのマフラーについては、一切の情報を持ち合わせておりません。

車両メーカー純正ラインナップのリペアパーツ供給・修理対応につきましては、車両メーカーまたは車両販売店へ直接お問い合わせください。

Q.転倒してしまいました・・・マフラーの修理は可能ですか?

A.

アクラポビッチ正規品であることが確認され、補修部品が入手可能であれば、損傷の度合いにもよりますが、修理は可能です。

マフラー外箱に貼り付けられた弊社製品ラベルに記載の品番、または、ご購入先およびご購入時期をお確かめの上、販売店または弊社あてお問合わせください。

Q.オークションで中古品を購入しました、取付パーツを購入できますか?

A.

海賊版やコピー商品が多く出回っておりますことから、アクラポビッチ正規品であることが確認されない場合には、原則、部品供給およびリペア対応をお断りしております。

マフラー外箱に貼り付けられた弊社製品ラベルに記載の品番、または、ご購入先およびご購入時期をお確かめください。(弊社からの販売履歴が確認できる場合があります)

Q.センタースタンドは使用できますか?マフラー装着状態でオイル交換・フィルター交換は可能ですか?

A.

製品情報欄に特に記載のない場合は、問題ございません。

Q.純正のパニヤケースと干渉しませんか?

A.

使用可能な場合は製品情報欄に記載がございます。※記載がない場合、確認がとれておりません。

ページトップ