WHAT'S AKRAPOVIC?

AKRAPOVIC(アクラポビッチ)のテクノロジー。

それは最高級クオリティーのマフラーを作り出すこと。

AKRAPOVIC(アクラポビッチ)は妥協をゆるさない、会社設立当初から会社のビジョンは変わっていません。

AKRAPOVIC(アクラポビッチ)がお客様に提供するもの、それは唯一無二の個性と性能を持った、最高級クオリティーのマフラーなのです。

ヨーロッパにおいて、最大級のエキゾーストメーカーであるAKRAPOVIC(アクラポビッチ)社は、1991年にスロベニア共和国にイゴル・アクラポビッチ氏によって設立されました。

レーサーだった彼は、当時のエキゾーストシステムに限界を感じていました。

完璧主義を貫くことでよく知られていたイゴール氏にとって、高品質のエキゾーストシステムを手に入れるには、自らがエキゾーストシステムの製造分野へ入るしかなかったのです。

そんなイゴール氏の誠実さが世界に認められるのに時間はかかりませんでした。

何故なら、イゴール氏の作ったマフラーの性能は常にレースの経験から生み出され、妥協をゆるさない信念により、常に最高のパフォーマンスを発揮していたからです。

その結果、1999年のスーパーバイクワールドチャンピオンシップでは日本チームの全てがAKRAPOVIC(アクラポビッチ)のマフラーを装着するなど多くのワークスチームに支持され、フィードバックを受け取り、製品開発に反映させることで世界に知られる巨大エキゾーストメーカーへと変貌を遂げました。

当初6人でスタートした小さなワークショップは、今では広大な工場になり、多くの従業員を抱える大企業となったのです。

そして従業員全員が「最高のエキゾーストシステムを作り出す」という揺ぎ無い信念のもと、最新の生産機器や生産ラインにて、MOTO-GPやワールドスーパーバイク(WSBK)などのトップカテゴリーだけでなく、世界中のバイクユーザーの為に、今日も開発・製造を行っています。

また近年では、アフターパーツのみでなく、車両メーカーの純正オプションマフラーとして採用されていることからも、AKRAPOVIC(アクラポビッチ)の高い品質と信頼性を証明しています。

世界中のサーキットで戦い、勝利するための選択アクラポビッチエキゾーストを、ぜひ体感下さい。

イゴル・アクラポビッチ

”初めに立ち戻ると、私はライバル達のオートバイをチューニングし、自分で稼いだお金をレース資金にして使っていた。

私にとってチューニングとは、自販機でジュースを買うくらい自然なことだったんだと思う。これが全ての始まり。

この会社の30年間の発展、特にレースの歴史を振り返るとき誇らしくなる。

なぜなら、レースの分野が製品にとって一番厳しいテストを必要とする分野だからだ。

創立当初から会社のビジョンや文化は変わっていない。

それは、第一線で完璧な製品を作り続けること。

イノベーションをおこし、調査し、最高の技術・機材を使用し、最高水準の部材を使うこと。

私たちにとって『発展と好奇心』は、どのように製品をアップグレードし、よりユーザーにとって魅力的な製品を作り上げるかを追及させ続けるエネルギーのようなものだ。

技術が常に進歩し続けるように、私たちの発展と好奇心に終わりはない。”

―イゴール・アクラポビッチ

 

高品質を誇るアクラポビッチマフラーの開発/生産を支えるべく、最先端の生産設備が投入されており、常に改良さいれています。

アクラポビッチの強みの一つに、自社に必要な生産設備を機械メーカーと共同で開発しているため、既存の枠にとらわれない自由な設計開発が可能です。

日々、進化する世界基準や技術に対応できるよう、常に最新鋭の設備を取り入れ、開発・生産をしております。

 

ダイナモシャーシ オートロボット
ダイナモシャーシ オートロボット
ハイドロフォーミング
ハイドロフォーミング
レーザーカッター
レーザーカッター
ロボット溶接
ロボット溶接
鍛造チタンファクトリー
鍛造チタンファクトリー
ファクトリー
ファクトリー

ページトップ