【MRA】2018 MotoGP™日本グランプリ出場チームに採用されるMRAスクリーン

2018年10月19日商品情報 二輪

◆ 2018 MotoGP™日本グランプリ 出場チームに採用されるMRAスクリーン

ドイツ スクリーンメーカー 老舗 MRAは、創業の頃から様々なレーシングチームへレース用スクリーンを供給しており、MotoGPの最高峰クラスが まだ2ストロークの500ccで行われていた頃から最高の性能のレーシングスクリーンを供給していました。そして、その取り組みは今も継続されています。


今週末、10/21(日)は 栃木県茂木町にあるツインリンク茂木にて 2018 MotoGP™日本グランプリが開催されます。そのレースに参戦するチームの中で、MRAスクリーンが採用されている代表的なレーシングチームをご紹介いたします。
 
 

Team Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
(MotoGP)

 

Team Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
(Moto2)
NTS RW Racing
(Moto2)

 

Dynavolt Intact GP
(Moto2)
PONS HP 40 Moto2
Team by Pons Racing Team
(Moto2)
Kiefer Racing
(Moto2)

 

 
Petronas Sprinta Racing
(Moto3)
Sudmetal Schedl GP Racing
(Moto3)
 

…ざっと上げただけでも、これだけのチームのマシンのレーシングスクリーンに採用されています。

今週末のレースを観戦される方は、ぜひ スクリーンのそばにMRAのカラフルなロゴのデカールがあるマシンを探して見つけてみてください。皆さんの予想以上にMRAのレーシングスクリーンが採用されているチームが多くて驚かれるかと思います。MRAのスクリーンが各チームに採用されているのは世界最高の舞台で戦うチームやライダー、メカニックにその性能を認められている証なのです。そして世界最高の舞台で戦う事で培われたデータと経験は常に市販製品にフィードバックされ続けます。

【MRA】について詳しくはこちら

【MRA】前回記事はこちら