【AKRAPOVIC】 歴史について(第9話)

2018年9月7日商品情報 二輪


  • スロベニア技術博物館
    スロベニア技術博物館

AKRAPOVIC/アクラポヴィッチ

 
◆ 2011年 創立20周年を祝して

いまや世界最大級のマフラーメーカーとなったアクラポヴィッチ。
その設立から現在に至る足跡をシリーズでご紹介いたします。


【第9話】2011年 創立20周年を祝して

この年、アクラポヴィッチ社 創立以来20周年(プラチナ・アニバーサリー)を記念し、ビストラ村にある スロベニア技術博物館 において主要な車両とエグゾーストシステムがこれまでに獲得された "63" ものワールドチャンピオンシップとともに展示されました。このイベントの席上で過去最大規模となるレース参戦計画と新製品ラインナップが発表されました。

TECHNICAL MUSEUM OF SLOVENIA

◇ 主な展示車両

Suzuki GSV-R (Alvaro Bautista)
Honda VTR SP-2 (Colin Edwards)
Yamaha YZF-R1 (Ben Spies)
Kawasaki ZX-RR (Shinya Nakano)
Aprilia RSV4 (Max Biaggi)
Suzuki RMZ450 (Steve Ramon)
Yamaha YZF450 (James Stewart)
KTM SXF350 (Antonio Cairoli)
KTM LC8 950 Rallye (Fabrizio Meoni)

第10話へ続く…

 

■足跡シリーズINDEX■
第1話】  【第2話】  【第3話】 【第4話】  【第5話
第6話】  【第7話】  【第8話】 【第9話】  【第10話
第11話】 【第12話】 【第13話】 【第14話】 【第15話

AKRAPOVIC ブランドWEBサイトはこちら