【AKRAPOVIC】 歴史について(第2話)

2018年8月22日商品情報 二輪



AKRAPOVIC/アクラポヴィッチ

 
 1994年 インターナショナル
  チャンピオンシップへの挑戦

いまや世界最大級のマフラーメーカーとなったアクラポヴィッチ。
その設立から現在に至る足跡をシリーズでご紹介いたします。


【第2話】1994年 インターナショナルチャンピオンシップへの挑戦
     (欧州/世界スーパーバイク選手権)

アクラポヴィッチ社は、ワンオフのエグゾーストシステムをプライベーター向けに製作していました。それらは、当初より各クラスにおいて、ファクトリー製エグゾーストシステムの性能を凌駕したことから、別格的存在でした。プロ・スーパーバイク選手権に参戦する多くのチームからも注目を集めているなかで、1996年にアクラポヴィッチ製のエグゾーストシステムは、カワサキ・ダッチランドとのパートナーシップが締結されることとなったのです。
この年、アクラポヴィッチマフラーは、初めてTUV(ドイツの安全規格検査機関)によって型式認証を取得しました。

 

第3話へ続く…

 

■足跡シリーズINDEX■
第1話】  【第2話】  【第3話】 【第4話】  【第5話
第6話】  【第7話】  【第8話】 【第9話】  【第10話
第11話】 【第12話】 【第13話】 【第14話】 【第15話

AKRAPOVIC ブランドWEBサイトはこちら