ドイツが誇る最高峰のツアーケース


ヘプコ&ベッカー製のサイドケースは、世界のクロスボーダーが選ぶ頑丈にして最高峰のハードケースです。

頑丈で最高級の品質・細部に渡る完璧な仕上がりは、世界のリアルライダーに指示されています。

ヘプコ&ベッカー製の「XPLORER CUTOUT/エクスプローラー カットアウト」とは、アルミケースのニュースタンダードシリーズ「XPLORER/エクスプローラー」を、車体の片側のサイレンサー部分との干渉を逃がしながら、左右対称幅となるようにカットアウトを施したサイドケースです。

サイドケースを取り付けた時の、左右の車幅や車重、スタイルのバランスを対象になるよう、ライダーとオートバイへの配慮を限りなく追求した銘品です。

ドイツの最高峰の技術より生み出された「XPLORER CUTOUT/エクスプローラー カットアウト」と専用のサイドケースキャリアをセットにした特別モデルのご案内。


【ヘプコ&ベッカーの製品を安全にご使用いただくために、お客様へのご案内】

ヘプコ&ベッカーの製品の適合など基本情報は、メーカーの本国「ドイツ」のデータを元に作成しております。

国内の仕様、その他の仕様での適合できていない車両も含まれます。

仕向地の違いや製品の特性上により、加工や取り付け周辺の車体部位の調整が必要な場合がございます。

製品の取り付けには、専門の知識・工具が必要となる場合がございますので、お近くの二輪販売店および二輪用品店様での取り付けを強く推奨します。

製品の取り付けにあたって、必ずオートバイの整備に適した工具をご使用ください。車載工具や安価な工具は、破損の原因となります。

製品の切削による傷は、製品不良ではございません。

ツーリングなどの走行前には、製品の各固定部分のネジに、「ゆるみ」がないか、必ずご確認ください。

各固定部分のネジの「ゆるみ」は、走行中の振動によって、製品の破損の原因となります。

また、「積載重量」を超える積載は、キャリアや取り付け用のアイテムの破損や、オートバイの操安性に影響し、転倒や事故の原因となります。

お客様の安全の為に、キャリアや取り付け用のアイテムの「積載重量」を超える積載は、絶対に行わないでください。

ケースやバッグなどの製品は、防水性能を高めていますが「完全防水仕様」ではございません。

雨天走行時・雨天での屋根のない屋外の放置時には、ケースやバッグ内に水が浸入する可能性があります。

濡らしたくないものを収納する場合は、養生を推奨いたします。


「XPLORER CUTOUT/エクスプローラーカットアウト」のセット品について

 

今回ご案内する「XPLORER CUTOUT/エクスプローラーカットアウト」のセット品は、下記の車体の片側のサイレンサー部分との干渉を逃がしながら、左右対称幅となるようにカットアウトを施した「XPLORER CUTOUT/エクスプローラー カットアウト」サイドケースと、専用のサイドキャリアをセットにした特別モデルです。

 

XPLORER CUTOUT サイドケース

SPEC

重量 4.9kg(片側/容量40L側)
4.6kg(片側/容量37L側)
積載重量 10.0kg(片側/容量40L側)
10.0kg(片側/容量37L側)
寸法 H:380mm × W:480mm × D:290mm(片側/容量40L側)
H:380mm × W:480mm × D:290mm/220mm(片側/容量37L側)
容量 40L(片側)
37L(片側)
材質(素材) アルミニウム+強化プラスチック
内容量(数量) XPLORER サイドケース SC40 1個
XPLORER CUTOUT サイドケース SC37 1個
付属品 キー2個
サイドケース固定用キャリアアダプター(品番:700114) 2個

※カットアウト側のケースは、その他のヘプコ&ベッカー製のサイドキャリアと互換性がありません。

※カットアウト側のサイドケースは、溶接加工です。ハンドメイド加工により、加工には個体差がございます。

製品特性であることを予めご了承ください。

XPLORER CUTOUT サイドケース専用サイドキャリア

SPEC

積載重量 10.0kg(片側/容量40L側)
10.0kg(片側/容量37L側)
材質(素材) ステンレス
内容量(数量) 専用サイドケースキャリア 1個
付属品 アダプター固定用ボルト

※カットアウト側のサイドキャリアは、その他のヘプコ&ベッカー製のサイドケースと互換性はありません。


FEATURES

通常のサイドケース 取り付けイメージ

カットアウトサイドケース 取り付けイメージ

エンデューロタイプのサイドキャリアに、異なるサイズのサイドケースを取り付けた場合、スタイルのバランスは取れますが、片側の容量は損なわれます。

また、同サイズのサイドケースを取り付けた際には、車幅が片側に飛び出たような状態になるため、スタイルのバランスが悪くなります。

これらの観点から、車体の片側のサイレンサー部分との干渉を逃がしながら、限りなく左右対称となるようにカットアウトを施してあります。

エンデューロタイプのサイドキャリアと異なり、取り付け時の車幅やスタイル、利便性をさらに追求しています。


ケース端部に振動を制御する強化プラスチックと優れた耐久性のアルミシェルを採用。

高品質のシリンダーロック。旅先の休憩所など車両から目を離さないといけないシーンでも収納物を守ります。

豊富なオプションアイテムで、使い勝手をより良くすることが可能です。


XPLORER CUTOUT 別売りオプション 製品一覧

インナーバッグ XPLORER カットアウト SC37用

パッキングが便利なインナーバッグ

※XPLORER CUTOUT サイドケース SC37用です。

品番 700520
価格 ¥10,340- (税込)
内容量(数量) 1個
商品ページはこちら

XPLORER サイドケース SC40用 インナーバッグ

パッキングが便利なインナーバッグ

※XPLORER サイドケース SC40用です。

品番 700514
価格 ¥8,470- (税込)
内容量(数量) 1個
商品ページはこちら

XPLORER サイドケース SC40用 レーリング ブラック

ネットフック等をかける為のレール

※上蓋の寸法値はSC40と同じ為、XPLORER サイドケース SC37にも取り付け可能です。

品番 610099-0001
価格 ¥6,930- (税込)
内容量(数量) 1個
商品ページはこちら

XPLORER サイドケース SC30/SC40用 キャリーハンドル

持ち運びが便利なキャリーハンドル

※上蓋の寸法値はSC40と同じ為、XPLORER サイドケース SC37にも取り付け可能です。

品番 640004-0001
価格 ¥12,100- (税込)
内容量(数量) 1個
商品ページはこちら

XPLORER サイドケース SC40用 トップバッグ

XPLORER サイドケース SC40に取り付けるバッグ

※完全防水仕様ではございません。

※上蓋の寸法値はSC40と同じ為、XPLORER サイドケース SC37にも取り付け可能です。

品番
640005-0001
価格 ¥9,350- (税込)
内容量(数量) 1個
商品ページはこちら

ラインナップについて

XPLORER CUTOUT/エクスプローラーカットアウトと専用のサイドキャリアのセット品のラインアップは、車種専用のキャリアとのセット品の為、車種ごとにラインアップは設定されています。

最新のラインナップについては、トップページの製品検索よりご確認ください。

 

 

その他のオプション品について

オプションアイテムには、その他に車種専用のオプションで、1.5Lの容量をもつツールボックスの設定があります。

ツーリング先で、固定ネジの締め付けの確認の時など、工具などを収納できる便利なツールボックスです。

車種ごとラインアップの設定の為、ラインアップは、トップページの製品検索よりご確認ください。

※単品では使用できません。工具は付属しません。予めご了承ください。


【ヘプコ&ベッカーの製品を安全にご使用いただくために、お客様へのご案内】

ヘプコ&ベッカーの製品の適合など基本情報は、メーカーの本国「ドイツ」のデータを元に作成しております。

国内の仕様、その他の仕様での適合できていない車両も含まれます。

仕向地の違いや製品の特性上により、加工や取り付け周辺の車体部位の調整が必要な場合がございます。

製品の取り付けには、専門の知識・工具が必要となる場合がございますので、お近くの二輪販売店および二輪用品店様での取り付けを強く推奨します。

製品の取り付けにあたって、必ずオートバイの整備に適した工具をご使用ください。車載工具や安価な工具は、破損の原因となります。

製品の切削による傷は、製品不良ではございません。

ツーリングなどの走行前には、製品の各固定部分のネジに、「ゆるみ」がないか、必ずご確認ください。

各固定部分のネジの「ゆるみ」は、走行中の振動によって、製品の破損の原因となります。

また、「積載重量」を超える積載は、キャリアや取り付け用のアイテムの破損や、オートバイの操安性に影響し、転倒や事故の原因となります。

お客様の安全の為に、キャリアや取り付け用のアイテムの「積載重量」を超える積載は、絶対に行わないでください。

ケースやバッグなどの製品は、防水性能を高めていますが「完全防水仕様」ではございません。

雨天走行時・雨天での屋根のない屋外の放置時には、ケースやバッグ内に水が浸入する可能性があります。

濡らしたくないものを収納する場合は、養生を推奨いたします。

ページトップ